スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | -------- | Trackback(-) | Comments(-)
[マネジメント編] SML-M0101
■地区に挨拶に行く■


新しい任地に赴任したときは、早いうちに時間を見つけて、地区にある中小企業や商店などに、挨拶に行くことも有効です。

地区の感触を肌で感じることもできますし、何よりも部下の活動基盤を作ることにもつながります。

まず、「こちらには、当社の担当者は伺っていますか?」と聞き、来ているようなら「どうですか?」と聞き、来ていないようなら「伺った時には、どうぞよろしくお願いします」と言います。


━━ 保険セールスのヒント【マネジメント編】 ━━




スポンサーサイト
新しい地に赴任したとき | 2009-04-30 | Trackback:(0) | Comments(-)
[マネジメント編] SML-M0100
■会議の後には感想文を書かせる■


部下は、上司が自分のことを分かってくれているかどうかで、働き方が大きく違います。

部下ひとり一人が考えていること、仕事に対する姿勢、今の状態などを知る1つの効果的な方法が、会議や研修、勉強会などの後に、感想文を書かせることです。

各人の理解度も分かりますし、考えや姿勢も分かります。
そして、効果的なフィードバックができれば、さらに効果的です。

赴任当初だけでなく、習慣化させると、部下も会議などに真剣に参加するようになり、さらに効果が上がります。


━━ 保険セールスのヒント【マネジメント編】 ━━



新しい地に赴任したとき | 2009-04-21 | Trackback:(0) | Comments(-)
[マネジメント編]SMK-M0079
■新しく赴任した時、ベテランに対して■

新しい地に赴任した時、ベテランへの対処の仕方で、その後の運営の大きな影響を及ぼします。

情熱とパワーと権威で引っ張りきれれば、それも良いと思いますが、それほど力がない場合は、最初は、活動の仕方を指示指導しない方が良いでしょう。

ベテランは活動パターンが確立しています。それをむやみに変えようとすると、数字の低迷を誘う可能性が高くなります。

知識や話法、資料を付与するのが良いでしょう。こちらは数字が上昇する可能性が高くなります。

━━ 保険セールスのヒント【マネジメント編】 ━━

新しい地に赴任したとき | 2008-06-08 | Trackback:(0) | Comments(-)
[マネジメント編]SMK-M0078
■新しく赴任した時■

新しい地に管理者として赴任する場合、そこのメンバーに受け入れられるかどうかが、まず最初の勝負どころです。

総スカンを食らったら、あとが大変です。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」ですが、前任者からの引き継ぎや、成績データなどを見て、メンバーを知った…ということにしない方が良いようです。

逆にそういった情報はできるだけ見ないようにし、一人ひとりと直に面談して対話をした管理者が、最初の着地に成功しているケースが多いです。

━━ 保険セールスのヒント【マネジメント編】 ━━

新しい地に赴任したとき | 2008-06-08 | Trackback:(0) | Comments(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。